ホルモンバランスと薄毛

AGAの症状には男性ホルモンが大きく影響しています。

前頭部や頭頂部は男性ホルモンの影響下にあり、AGAはその部分に発生します。

男性ホルモンの一種である5αリダクターゼがアンドロゲンレセプターと呼ばれる毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に結合すると、強力な発毛抑制作用が生まれ、AGAが進行していきます。

AGAはほとんどの場合、全頭部や頭頂部にかけて発症します。その理由は、頭の部分によって男性ホルモンと女性ホルモンのつかさどる箇所が違うためです。

前頭部や頭頂部は男性ホルモンの影響下にあり、側頭部や後頭部は女性ホルモンの影響下にあります。よって、側頭部や後頭部に抜け毛が少ないのは女性ホルモンの影響下にあるためなのです。

AGAの症状には男性ホルモンが大きく影響しています

生活習慣を改善してもAGAの進行は止まらない。

簡単に言うと、男性ホルモンの影響によりAGAサイクルが出来てしまうということです。

ストレスや偏った食生活などもAGAを進行させる一因ではありますが、根本的にはホルモンバランスの影響を大きく受けるため、生活習慣を改善したとしてもAGAの進行を食い止めるには限界があります。

当院での治療の有効成分である「フィナステリド」が、男性ホルモンを作り出す酸素の活性を抑えることでAGAサイクルを遮断します。

正常なヘアサイクルに導くことでAGAの進行を阻止し、高い発毛効果が表れます。

男性ホルモンの影響によりAGAサイクルが出来てしまう